PR

【特化ブログの教科書】6ヶ月目のPV数の目安とキラーページの作り方

皆さんこんにちは。

 

今回は開設から6ヶ月目のPV数の推移と気を付けたことキラーページで大切なことについて紹介します。

当ブログの使用テーマとレンタルサーバー
使用テーマ Cocoon
レンタルサーバー エックスサーバー

開設~6ヶ月目のPV数の推移は?

まず、6ヶ月もブログを続けられた自分を褒めてあげましょう。

ブログは気軽に始められる一方で、挫折する人がとても多いです。

その中でここまで続けられたなら、後は自分を信じてブログ運営を続けていきましょう。

 

開設から6ヶ月になると月間PV数の目安は3000~6000PVあたりです。

半年から1年でブログの成長の兆しが目に見えてきますので、この頃から実感が湧きます。

もっともっとアクセス数を増やすために執筆を続けましょうね。

 

さて、前回のふり返りですが、開設から5ヶ月目のPV数をご覧ください。

4ヶ月目の後半にリライトした記事が評価されて、5ヶ月目では1日250PV以上となっています。

5ヶ月目の後半に近づくにつれ上がっていき、後半では1日680PV以上をマークしていました。

 

では、開設から6ヶ月目のPV数をご覧ください。

1.8万人!まだまだ順調に上がってるね!

2万PV突破までもうすぐだ!

順調にアクセスが伸び、前回から6000PV多い1.8万PVとなりました。

多い時だと1日700PV以上をマークしており、こんなに見てくれてる人がいるんだと思うと、非常にありがたいです。

そして、とうとうGoogleアドセンスの審査を諦めたことで、記事投稿を再開しました。

開設から6ヶ月目の時点で、記事数は25記事ほどです。

以前バズった記事もリライトを繰り返しているおかげで、まだ順調にアクセスを稼いでくれています。

2万PVまでもう少しなので、このまま順調にいけば突破することが可能でしょう。

 

6ヶ月目の気を付けたポイントは?

とうとうGoogleアドセンスを諦めたんだね。

原因が特定できないし、お手上げだよ。

2ヶ月ほど粘ったGoogleアドセンスの申請ですが、ずっとポリシー違反といわれ、原因特定できないので仕方なく諦めることにしました。

しかし、諦めたおかげ(?)で記事投稿を再開することができたので、アクセス数を伸ばすことができます。

6ヶ月目の気を付けたポイントとしては、質の良い記事過去記事のリライトなど、今までとあまり変わりませんが、やっと収益化に向けて動き出せるタイミングとも言えますね。

Googleアドセンスの審査に無事合格した方は既に収益が発生しているかもしれませんが、アフィリエイト広告メインの方は、アクセス数も伸びてきた6ヶ月~1年ほどで収益化に向けて動き出しても良頃合いです。

執筆作業をずっと続けてきた方は、文章力がかなり上達したと思いますので「キラーページ」を作成してみましょう。

 

キラーページとは?

「キラーページ」って何?

目的が「アクセスを集めるため」ではなく、「商品を購入してもらうため」のページのことだよ。

記事を投稿する目的は大きく分けて

  • 集客用ページ
  • 商品紹介ページ(キラーページ)

と分かれています。

それぞれのページの目的は異なり、

  • 集客用ページの目的はアクセスを稼ぐこと
  • 商品紹介ページ(キラーページ)の目的は商品を購入してもらうこと

となります。

この「キラーページ」をいかに上手く作成するかがアフィリエイトで成功するかどうかに係ってきますので、非常に重要となります。

力の入れ具合としては、集客用ページが60~70%だとしたら、キラーページは120%くらいをイメージしてください。

そのくらい力を入れて執筆しなければ収益に繋がりませんので、注意しましょう。

 

キラーページの作成方法は?

キラーページが一番大切なんだね!よーし、目を引くタイトルを考えるぞー!

ちょっと待って!タイトルが大切なのは間違いないけど、それよりも重要なことがあるよ。

キラーページを作るにあたって、Google検索画面で目を引くようなキーワードやタイトルを考えると思いますが、私としてはキラーページに関してタイトルはあまり気にしなくて良いと思います。

と言うのも、キラーページは商品を紹介することメインなので、他のサイトも似たような文章や構成になってしまいます。

そうすると、投稿したのが早いサイト、ドメインパワーの強いサイトなどGoogle検索の上位表示となり、タイトルで目を引かせることができないのです。

さて、なら新規参入者やドメインパワーが弱い場合はどうやってキラーページに呼び込むのかというと、集客用ページからキラーページへの導線を作るのです。

イメージとしては下図のような感じです。

キラーページ単体で勝負するのは「ほぼ無理」だと思った方が良いので、オリジナルの記事が書きやすい集客用ページでアクセスを稼ぎましょう。

そして集客用ページにキラーページへのリンクを貼って置くことで、上位表示されている企業などの大手サイトに埋もれることなく収益を上げることが可能となります。

大事なのはキラーページじゃなくて集客用ページってこと?

なら集客用ページに力を入れた方が良いんじゃない?

半分正解で、半分不正解かな。

集客用ページは確かに大事だけど、集客用ページの目的はあくまで「アクセスを稼ぐこと」だからね。

結局キラーページのアクセスを稼ぐためには、質の良い集客用ページが必要なので100%の力で執筆するべきだと思いがちですが、それは半分正解で半分不正解です。

集客用ページの目的はあくまで「アクセスを稼ぐこと」に尽きます。

アクセス数と記事の投稿数は比例するため、満足する記事が完成するまで投稿を待ってしまうといつまで経ってもアクセス数が増えません。

加えて投稿した記事はすぐに読まれるわけではなく、Google検索に表示されるまで1週間ほどかかる可能性もあります。

なので60~70%の完成度の記事を沢山投稿し、キラーページができた際に過去投稿した集客用ページにリンクを貼り更新することで、SEO的にも効果が高いですので一石二鳥です。

目安としてはキラーページ1記事に対して、集客用ページ10記事ほど必要となります。

収益化を始めるのが大体ブログ開設から6ヶ月と言われるのは、こういったことが理由だと思います。

 

開設~6ヶ月まとめ

開設から6ヶ月目のPV数の推移とキラーページについてを紹介しました。

ブログの目的である収益化を始める1つの目安は、開設から6ヶ月目~1年と言われています。

しかし、まだPV数がそこまで上がっていない方はそのまま継続して執筆作業を続けましょう。

PV数が月間1万PVを突破した方はキラーページに手を付けてみても良いかもしれませんので、ぜひ挑戦してみてくださいね。

タイトルとURLをコピーしました